×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナッチーの夏休み自由研究
夏休み自由研究 水の気持ち

やり方
とう明のビンに文字をかいた紙をはり、その中にふつうにたいたごはんを30gずつ入れる
毎日一回ビンに向かってその言葉を言う。(絵と無しはそのままかんさつします)
そしてビンの中の様子をかんさつする。
【じゅんびする物】
・とう明のビン X6個 ・ごはん 30gX6 ・カメラ(さつえい用)
ビン6こ

ビンにはる紙
・絵
・ありがとう
・へいわ
・ばかやろう
・せんそう
・無し

ごはんを30gずつに分けてビンに入れる

ビンに紙をはりました

ビンにごはんを入れました


【ごはんをえらんだ理由】
「水を食べる」という絵本に、人間(赤ちゃんは80%)とごはんはだいたい水分が60%とかいてあったからです。
人間では実けんできないので、かわりにごはんで実けんしました。
【わたしのよそう】
「ありがとう」「へいわ」はくさらない。
「ばかやろう」「せんそう」は早くくさる。
自分で書いた絵とむし(何も書かない物)は、どうなるかよそうもつきません。








Copyright 2009 ナッチーの夏休み自由研究 All Rights Reserved.